サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ウスバカマキリ? 

ウスバカマキリ? 
2016年04月11日

 日本では珍しいウスバカマキリは実は分布の広いカマキリで、ヨーロッパからアフリカまで分布している。乾燥地帯のカマキリだと思っていたからカメルーンの森の中で出会った時はびっくりした。
 でもちゃんと調べたわけではなく、とっさにウスバカマキリがなぜここにいるのと思ったわけだ。全くの間違えかもしれない。カマの目玉模様も日本のものと逆だ。日本のウスバカマキリより一回り大きかった。カメルーンにはMantis religiosa eichleriというウスバカマキリの亜種がいるようだ。
カマキリの先生からメールを頂き、Alalomantis mutaではないだろうかとのご指摘を頂いた。ありがとうございます。その種は前にも写真をとっているのだけれど、野外では怒らせた写真だけしか撮らなかったので、はじめて見るような気がしたのだ。そしてこのカマキリは怒らせようとしたけれど,まったく怒らずに逃げて行ってしまった。今度から怒らせた写真だけでなく,普通にとまっている写真も撮ることにしたいと思う

関連タグ
カマキリ
カメルーン
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。