サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Impression(メジロ)

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Impression(メジロ)
2016年02月08日

 今月発売予定のM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROのインプレッション。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROを日本でも使ってメジロを撮った。昨年10月にマレーシアではじめて使った時、マイクロフォーサーズにしてはずいぶん大きくて、重いレンズだと思ったのだが、使ってみて、その性能の素晴らしさに驚いたのであった。
しかも、持って見ると、ボディーが軽いので、三脚座の所に手のひらを当てるだけで、バランスされて、安定度が抜群なのだ。一番優れているのは強力な手ぶれ補正。
レンズ内補正とボデイー内手ぶれ補正が絶妙なコンビネーションだ。40-150+テレコンと比べて、ぼくの実感では3段階は遅いシャッターが切れる感じ。実際手ぶれ補正を切ったら、ぼくの腕では1/2000ぐらいきらないとぶれてしまうのではないかと思う。
ここ1ヶ月ほどずっと小諸日記に載せている写真はマレーシアとタイで撮影したもので、その中には1/10手持ちなどとというのもあるほどだ。マレーシアで撮り損ねた必要な写真1枚だけあったので、年末のタイへも借りていった。
 ずっと借りていたいけれど、数が無く、そういうわけにも行かなかったので、日本で撮影したのは初めてだ。
カンザクラが咲いている近くの公園で1時間ほど撮影。メジロを撮った。
 明るいので低感度とも思ったが、逆光なので感度を800に上げて、軽くフラッシュを使用した。小型のフラッシュでは超望遠では、低感度では光が届かないからだ。都会の鳥はフラッシュの光どころか、子どもが木の下で大声を出して遊んでいてもまったく気にしない。
 テレコン使用の420mm、840mm相当だから、メジロもノートリでいける。相変わらずのシャープネスに満足する。ノートリの画面と、その一部を拡大した写真を載せておく。

関連タグ
千代田区
旧北区
東京都
鳥類
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。