サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

カシオEX-10の深度合成

カシオEX-10の深度合成
2013年12月13日

 先月、カシオからEX-10というカメラが発売された。全焦点マクロモードがある。ピントを変えながらカメラが何枚も写真を撮り、カメラ内で合成してくれるものだ。EX-ZR1000にもあったモードだが、ZR1000では正直昆虫にはあまり使えないなと思っていた。ところがこんどのEX-10では大幅に改良されたようだ。
 何枚撮るのかは明らかにされていないようだが、ある意味9眼というのが、このカメラのキャッチフレーズだから9枚撮っているのだろうか。
 今は小諸に虫がいないから、ニジイロクワガタという7cmぐらいのクワガタで試してみた。左がプログラムオート、右が全焦点マクロ。
 コンパクトデジカメとしては高価なカメラだが、このモードとパスト連写が健在で、F1.8-2.5の明るいレンズがついているから、今までよりパスト連写でも速いシャッターが切れそうだ。画素数は下位機種より少ない。コンデジではやはりあまり無理をしない画素数が、画質面では有利なのだろう。

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。