サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ツマムラサキマダラ

ツマムラサキマダラ
2013年02月15日


 南房パラダイスの温室にツマムラサキマダラが多かった。夕方だったせいかメスが翅を開いて葉の上にとまっていた。
メスのこうしたポーズはあまり見たことがなかった。なんだか変わったチョウに見えた。青く光る部分が少ない。
 ダルリサマダラジャノメを見た時のような印象。ダルリサマダラジャノメはツマムラサキマダラのメスに擬態しているのだから当然といえば当然。熱帯アジアの野外で,このポーズでとまっているツマムラサキマダラのメスを見たら、擬態しているチョウと間違ってしまうのではと思った。
 交尾中の個体と交尾中だが,メスが死んでしまった悲しいカップルの写真も撮った。

関連タグ
千葉県
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。