サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

D7000のISO4500

D7000のISO4500
2010年11月27日

 1ヶ月ほど前の写真だけれど、クジャクを夕方に撮影した写真が出てきた。薄暗くなり始めた時間帯の撮影でISO感度は4500。どうせ画像はあれているだろうとまじめに見ていなかった写真だ。
 ところが拡大してみて驚いた。このような細かい模様があると、ノイズはその模様に紛れて消えてしまうようだ。その一部を切り出したのが上の写真。これだけ拡大しても、まったく破綻していないように見える。
 D7000のノイズ処理は、今までとはだいぶ違うようだ。例えば明るい背景で意外にノイズが目立つと思ったら、暗い背景ではノイズが少なかったり、この写真のようにまったくノイズを感じなかったりと、被写体によってずいぶん違う気がする。いずれにせよ、ノイズ処理をうまくやっているのだなと感心するのである。

前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。