サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

夢虫館周辺のクワガタ

夢虫館周辺のクワガタ
2006年07月02日


 夢虫館の敷地内やすぐ近くで見つかったクワガタは5種。左上はノコギリクワガタ、右上はヒラタクワガタ、左下はネブトクワガタ、右下はチビクワガタだ。ほかにコクワガタがいる。
 コクワとノコギリをのぞき小諸にはいないから、ちょっとうらやましい。夢虫館の「森の虫松」先生という学芸員が見つけたものだ。チビクワガタは特に多いのかぼくも敷地内の道路を歩いているのを発見した。
 チビクワガタは原始的なクワガタムシで、幼虫は朽ち木を食べるが成虫は肉食だそうだ。ネブトクワガタも幼虫が松の朽ち木に生息するという変わったクワガタだ。
 夢虫館では2Fで「森の虫松」がヘラクレスカブトムシに触らせてくれたり、ユニークな昆虫の解説をしてくれる。


◎デジタルフォト 7月号 発売中 。連載自然ワンダーは森の妖精ゼフィルス

関連タグ
旧北区
香川県
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。