サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

孵化直後のナガコガネグモ

孵化直後のナガコガネグモ
2004年10月08日

ナガコガネグモは産卵後、意外に早く半月ほどで孵化する。その後、孵化した幼体は卵のうの中に留まり、冬を越して春になってようやく外の世界に出るということだ。随分長い間、餌を食べることもなく過ごせるのは、幼体の体内には卵の時からの栄養が十分に蓄えられているのだろう。
 写真上はやや孵化の近づいた状態で、下の写真はその二日後。間一日が抜けてしまったが、今更ながら撮っておけば良かったと悔やまれる。

◎デジタルビデオは秋の鳴く虫
◎デジタルカメラマガジン ロングタームテスト E-1第一回
◎デジタルフォト連載は「アカトンボを撮る」

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2023 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。