サイト内
ウェブ

【ファミマ】トロトロすぎる♡マリトッツォの次に来るイタリアンスイーツは“消えるドーナツ”だった!

  • 2022年8月2日
  • 暮らしニスタ

こんにちは!スイーツと激辛を愛する管理栄養士ヨネダです♪

「マリトッツォの次にくる!」という話題のイタリアンスイーツ「ボンボローニ」。ファミリーマートに登場して以来、ずっと気になっていたのですが、ようやく実食してみました!

SNSで話題!ファミマの「ボンボローニ」

ファミマの「ボンボローニ」は揚げたドーナツ生地に、カスタードのカスタードクリームをたっぷりと注入しています。

そもそも「ボンボローニ」とはイタリアのトスカーナ地方で食べられている定番スイーツで、地元ではエスプレッソを添えて朝食として食べる人が多いのだとか。

マリトッツォといいボンボローニといい、イタリアって本当おしゃれな食べ物が多いですよね♡

手に持つと…ズッシリ!

パッケージから取り出すとこんな感じです。お砂糖をまぶした普通のドーナツ? 持ってみると見た目よりズッシリと重みがあります。

カットしてみると、なめらかなカスタードクリームがこれでもかー!とたっぷり入っていて、全然スキマがありません。

このクリームの量!どおりでズッシリするわけか。

ただ、こうして見ると正直ただのクリームドーナツ…なんでこんなに話題になっているんでしょうか?食べてみたら、そのワケがわかりました!

口どけのよさが…パない!

ドーナツ生地となめらかなクリームを一緒に食べると、口の中でスーッととろけてなくなっちゃいました!

口の中で消えていく…
消えるドーナツ!

一般的な揚げドーナツって、生地がパサパサしてたりしませんか?このボンボローニは全然そんなことがなくて、しっとりふわふわで軽いんですよね。

なにがこの食感を生みだしているのか不思議になって、「ボンボローニ」のレシピを調べてみると…

ボンボローニの生地はイーストを使って発酵させるんだそうです。ベーキングパウダーでふくらませる一般的なケーキドーナツと違い、パン生地と同じようにしっかり発酵させるため、ふわふわしたきめ細やかな食感に仕上がるのだとか。

これだけ軽いスイーツなら、朝ごはんの定番なのも納得です♪

外国産ジャムをつけて…甘い&酸っぱコラボが沼♡

ボンボローニを食べている途中でひらめきました。これ、IKEAのアレが合うんじゃないの…?

アレとはIKEAのリンゴンベリージャム!

リンゴンベリージャムはコケモモを使った酸味強めのジャムなんですが、これをボンボローニにのっけると…

う、うますぎる!!あま~いカスタードクリームをジャムの甘酸っぱさが引き締めてくれて、想像以上に大成功♡

リンゴンベリーじゃなくても、レモンマーマレードやクランベリージャムなど酸味のあるジャムならなんでも合いそうですよ。

まとめ

初めて体験したファミマの「ボンボローニ」。トロトロ大量のカスタードクリーム、しっとりふわふわのドーナツ生地…いくらでも食べられちゃいそうな軽い食感のイタリアンスイーツでした。このとろける食感はクセになる!ファミマで見かけたらぜひ試してくださいね♪

文・写真/米田モック

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2015 KURASHINISTA All Rights Reserved.