サイト内
ウェブ

果実ぎっしり!見た目も美しいフルーツサンドとこだわりのコーヒーを。清澄白河の「HAGAN ORGANIC COFFEE」

  • 2022年5月7日
  • ことりっぷ


アートなスポットとのどかな住宅街が併存する清澄白河。この地に2021年1月にオープンした「HAGAN ORGANIC COFFEE(ヘイガンオーガニックコーヒー)」は、旬のフルーツを使ったジューシーなフルーツサンドと自家焙煎したオーガニックコーヒーが自慢のお店です。見た目も美しい色とりどりのフルーツサンドを味わいに出かけませんか。
東京メトロ清澄白河駅から東京都現代美術館の方面に進むこと徒歩9分。近くには木場公園など大きな公園もある静かな住宅街に「HAGAN ORGANIC COFFEE」はあります。白を基調にしたおしゃれな外観が目印です。
店内も白で統一され、洗練された雰囲気。カウンター脇には小さなイートインスペースが設けられ、ここでゆっくりとメニューを味わうことができます。
店内に入るとまず目に飛び込んでくるのがショーケースにならべられた、色とりどりのフルーツサンド。こちらは恵比寿にあるヴィーガンフルーツサンド専門店「fruits and season」とのコラボ商品で、フルーツは愛知県岡崎市にある八百屋「ダイワスーパー」に依頼し、最高品質のものを厳選してもらっているそう。その時期においしく味わえる旬のフルーツを丸ごと使ってフルーツサンドにしています。
フルーツサンドは常時8~9種類をラインナップ。定番はパイナップル、バナナ、キウイ、ミカン、ミックスで、ミックスは季節によって異なる3~4種の果物が入ります。
ほかシーズナルメニューもあり、春はイチゴ、夏はイチジクやモモ、シャインマスカット、秋は柿や梨、冬はカカオバナナなどが登場します。季節によってさまざまなメニューが味わえるのが楽しいですね。
こちらはお店一番人気の「ミックス」とスタッフさんおすすめの「ミカン」。「ミックス」はキウイ、バナナ、ミカンの定番に果物に季節の果物1種が加わることが多いそうで、この日はイチゴが入っていました。
「どんな人にもおいしく楽しく味わってほしい」との思いから、パンとクリームには牛乳や卵などの動物性食品は一切不使用。豆乳をベースにした自家製クリームと白砂糖の代わりに甜菜糖を使用した豆乳パンを使って仕上げています。
「ミカン」には、なんと2.5個ものミカンが使われており、端の方まで実がぎっしり。持つとずっしりとした重みがあります。さっぱりした甘さのなめらかなオリジナル豆乳クリームと、軽やかな口どけ薄切りのパンがジューシーなミカンとよく合い、ミカン本来のおいしさを引き立ててくれます。
こちらは分厚いパイナップルがインパクト大な「パイナップル」と、大きな輪切りのキウイが印象的な「キウイ」。パイナップルは1/8個、キウイは1.5個を贅沢に使用しています。
「パイン」は、食べたそばから果汁があふれ出すようなみずみずしさが絶妙! 酸味は控えめでしっかりした甘さがあり果肉も柔らか。ほかでは味わえないメニューで、リーピーターも多いそうです。「キウイ」もただの輪切りを挟んだものとは違い、大きめにカットされているのでキウイの果肉感をしっかり感じることができます。完熟したキウイを使用していて、濃厚なキウイの甘さで食べ応えもあります。
「HAGAN ORGANIC COFFEE」のもうひとつの自慢が自家焙煎のコーヒーです。農薬を使用せずに栽培された、高品質なオーガニックコーヒーを生豆で仕入れ、使用しています。
豆はコロンビア、エチオピア、ペルーから調達。オーナー自ら定期的に産地を訪問して、選定しています。こちらは店内にある焙煎機。厳選した豆をこの機械で焙煎しています。
豆はコロンビア北部のオーガニックコーヒーファームの「CASANOVA(カサノヴァ)」、甘くフルーティな香味が特徴のエチオピアの「TASFAYE(タスファイ)」、ペルーの深煎り「SUAVE」、店のハウスブレンド「ORGANICO BLEND(オルガニコブレンド)」などをラインアップしています。それぞれ店内で味わえるほか、豆の状態でも購入できます。
ドリンクは各豆のドリップのほか、アイスコーヒー、エスプレッソ、カフェラテなどを用意。それぞれオーダー後に一杯一杯丁寧に淹れてもらえます。どのコーヒーを選ぶか迷ったらスタッフさんに好みを伝えてみて。おすすめの一杯を提案してもらえますよ。
こちらはちょっと個性的な「コールドブリューレモネード」。アイスコーヒーにハチミツと甜菜糖でつけたレモンシロップを合わせたオリジナリティあふれるメニューです。コーヒーの深い味わいにレモンの爽やかな香りが絶妙に合わさり、さっぱりした味わい。これから暑くなる季節にもぴったりです!
家で楽しめるカフェラテベースも販売しています。コロンビアのオーガニックファームの豆を自家焙煎して濃縮し、オーガニックシュガーで甘みを加えたもので、ミルクと混ぜるだけで簡単においしいカフェオレが作れます。ラベルのデザインは佐賀県基山町のPICFAのアーティストによるもので、コロンビアの農園をテーマに表現してもらったものだそう。これ1本で8~10杯のカフェオレが作れるので、気になった方はおみやげにぜひ。
おいしいフルーツサンドとコーヒーが味わえる「HAGAN ORGANIC COFFEE」で、ゆったりすてきなひとときを過ごしてみてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.