サイト内
ウェブ
キャンプの恵み

Vol.129 アメリカ夏のキャンプ事情

  • 2017年7月5日
  • (社)日本キャンプ協会

 最近は日本でも夏のシーズンに限らずさまざまなキャンプが行われるようになりましたが、やっぱり夏はトップシーズンです。それは海の向こうでもどうやら同じようです。
今日はそんな海の向こうのキャンプに飛び込んだ、こはるちゃんからのレポートを紹介します。夏のキャンプシーズン真っ最中のアメリカからの便りです。

ヒューロン湖 --------------------------------------------------------------------------------------

6月中旬~8月中旬の約2か月間、アメリカミシガン州、東部の五大湖沿いにあるCamp Cavellでインターナショナルカウンセラーとして働きます。
私は、小さいころから夏休みの子どもキャンプが大好きで、大きくなってから日本にも、世界にもたくさん子どもキャンプがあることを知り、面白そう!見てみたい!という好奇心が今ここアメリカに私を連れてきました。

Camp Cavellは、100年以上歴史があるキャンプです。
1914年にYWCA(Young Women Christian Association)が始めたキャンプがきっかけで、現在のキャンプ場は1927年に作られました。
そして5年前にYWCAがキャンプ場を手放すときに、当時そして現ディレクターのジルをはじめとした7人がこのキャンプ場を買い、今の体制になりました。

6月中旬~8月、アメリカは夏休みシーズン、つまりキャンプシーズン!
ファミリーキャンプ、学校など団体でくるキャンプ、デイキャンプ(夏休み中の10週間、月~金曜毎日開催しています)、そして5日間のサマーキャンプ×5回…。ここCamp Cavellでも様々な形でキャンプが行われています。
ファミリーキャンプや林間学校などは保護者同伴ですが、デイキャンプ、サマーキャンプは保護者がついてこないキャンプなので、Camp Cavellでトレーニングしたカウンセラーたちがキャンプに来た子どもたちと生活を共にします。
カウンセラーは18~24歳くらいで、日本はキャンプリーダーとも呼ばれます。
そしてトレーニングでは、救急救命や、キャンプ中に起こりうるいろいろなことについてのケーススタディー、そしてキャンプ中に使えそうなゲームをシェアします。
もちろんカウンセラーの他にも、ここにはキッチンスタッフや、施設管理や何でもやってしまうボランティアまで色んな人がいます。

treeclimbing
Camp Cavellでのアクティビティーは、ツリークライミング、アーチェリー、乗馬、カヤック、スイミング、クラフト、チームビルディングゲームなど多岐にわたり、アットホームな雰囲気でいろいろなことに挑戦できます。
私も、今まで培ってきたキャンパースピリッツを、この夏、このキャンプに注ぎたいと思います!

---------------------------------------------

一緒にもらった写真は、ツリークライミングをしている楽しそうな写真とキャンプ場から見えるヒューロン湖にかかった虹を写した素敵な写真でした。
こはるちゃんのCamp Cavellでの様子は、個人ブログでも不定期に紹介されています。
  こはるちゃんブログJOY to the World !

日本中、世界中見渡しても本当にいろいろな形があるキャンプですが、実はお互い共通点もたくさんあるものです。そんな世界中のキャンプが一同に会する3年に1度のイベント、国際キャンプ会議は今年の10月に開催されます。皆さんも一緒に世界中のキャンプを見に行きませんか?(抹茶)

国際キャンプ会議紹介WEBページ:http://www.camping.or.jp/2017/01/11-1.html

キーワードからさがす


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。