サイト内
ウェブ

「REACH」 とは

英名:
Registration, Evaluation, Authorization of Chemicals

EU(欧州連合)が導入しようとしている新たな化学物質規制。2005年12月、EUの閣僚理事会で合意されており、今後、欧州議会での審議などで採択されれば規制がスタートすることになる。Registration(登録)、 Evaluation(評価)、Authorization(承認) of Chemicals(化学物質)を略して、「リーチ」と読む。
EUの化学物質規制は、これまでいくつかの法令により管理されるとともに、既存の化学物質の安全性を評価することについては政府が行うことになっていた。REACHではこれらを改め、既存化学物質の安全性評価についてそれを製造・輸入する企業に義務づけ、統一的な規制とする点が画期的であるとされている。

Q&A

  • Q: REACHの登録義務はすぐにはじまる?

    EUの新しい化学物質規制となるREACHが成立すると、年間1トン以上の化学物質をEUで製造する企業や、EUへ輸出する企業はすぐに登録義務を果たさなくてはいけないのだろうか?

  • Q: REACHの規制に対する日本国内の対応は?

    EUのREACHに対して、日本国内ではどのような反応があるのだろうか?

環境クイズ

  • 新しい化学物質規制であるREACHを導入しようとしているEUは、現在何ヶ国で構成されているか?

関連情報を読む

関連ディレクトリ

  • 化学物質などの環境リスクについて学び、調べ、参加する(環境省)

    化学物質ごとにその用途や影響などをわかりやすくまとめた「化学物質ファクトシート」や、子どもが遊びながら学べる「ケミストリーカードゲーム」、環境リスクなどの化学物質の専門家である「化学物質アドバイザー」の派遣事業、市民・産業・行政等による情報共有・相互理解を促進する場の「化学物質と環境円卓会議」などを紹介している。

  • 環境リスクの低減(環境省)

    日本の化学物質対策の法令を紹介している。化学物質審査規制法やPRTR法、ダイオキシン類対策特別措置法(PCB対策)などの制度がわかる。

  • 化学物質排出把握管理促進法(経済産業省)

    事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止するために、PRTR制度とMSDS制度を柱とした、いわゆるPRTR法を紹介するホームページ。

  • NPO法人有害化学物質削減ネットワーク(Tウォッチ)

    国が公表するPRTRデータを市民が有効活用できるように、わかりやすく情報提供する市民のネットワーク。PRTR情報の活用による有害化学物質削減や、有害化学物質に関する法制度の見直し、政策提言などに取り組んでいる。

キーワードからさがす