サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

センニチコウと宿根センニチコウ

センニチコウと宿根センニチコウ
2020年11月17日

 センニチコウ(上)はその名(千日紅)の通り長い花期で、霜が降りるまで咲き続ける。霜にはことのほか弱いようで、5日の霜でほとんどしおれてしまった。
下は宿根センニチコウという名で売られている植物で、ファーアーワークスという呼び名もある。この花は咲き出す時期が夏で、やはり霜が降りるまで咲き続ける。霜が降っても、一気にはしおれないので、普通のセンニチコウよりは強そうだ。けれど宿根といっても寒冷地では越冬はできないのは、普通のセンニチコウと変わらない。花の高さは80cm程と高い。花の背が高い植物は蝶に好まれる。普通のセンニチコウよりバタフライガーデンには向いている。

関連タグ
植物
小諸周辺
深度合成
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。