サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

アンビカコムラサキの構造色 Mimathyma ambica

アンビカコムラサキの構造色 Mimathyma ambica
2019年03月17日

前にも似た写真を載せたことがあるが、今回の写真は新発売のオリンパスE-M1Xに12〜100を付けて撮影したものだ。コムラサキの仲間はあ光の当たり具合で、翅の色が変わる構造色を持つチョウだ。翅全体が輝くのを見ることができる方向というのは前からだけで、そうすると真上かああらのシャア心は撮れない。斜め前から撮れば後翅は光る。斜め後ろから撮るとほとんど綺麗な青紫は見えない。アンビカコムラサキの飛翔の動画(Movie)はこちら
新宿のオリンパスギャラリーで写真展「蝶・多様性の世界」3月29日〜4月3日、30日、31日は13時から1時間トークショーを行います。大阪展は4月12日〜4月18日(日曜休み).ギャラリートークは13日土曜13時からです。
写真で伝えたいことが公開されました。今回は憧れのチョウを世界中に追いかけてというタイトルです。

関連タグ
チョウ
Olympus E-M1 X
東洋区
タイ
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2019 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。