サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

トラフアゲハのオス Papilio glaucus

トラフアゲハのオス Papilio glaucus
2018年08月06日

 トラフアゲハに出会ったのは昔、ニューヨークのセントラルパークでのことだった。ニューヨークにこんなに美しいアゲハがいると感激したが、フイルム時代のこと、たった1枚写真が撮れただけだった。
 今回のアメリカでもぜひ撮影したい被写体だった。ちなみにアーカンソー州のメスは黒く、アオジャコウアゲハに擬態している。それでメスグロトラフアゲハと呼ばれることもある。飛翔は緩やかで、力強さには欠けるが優雅であった。
 9月2日まで小諸高原美術館(月曜休館)で海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」の写真展。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70枚(写真点数はファーブル昆虫記のコーナーが150点)。海野はだいたい夕方4時頃から5時までは顔を出す予定です。ファーブル昆虫記の原著も展示。

関連タグ
チョウ
新北区
アメリカ
Lumix G9
プリ連写
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。