サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei

ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei
ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei
2018年07月11日

2005年の今日は宮城県の太平洋岸にいた。ここは2011年の大震災で多くの被害が出た場所で、この場所も津波にのまれてしまった。このトンボは汽水域にだけ住むので、津波の被害を受けやすい。

2005年の今日の日記から
 宮城県の太平洋側にやってきた。このあたりにはヒヌマイトトンボの産地が多いようだ。このトンボはは汽水域の葦原にすむ珍しいイトトンボだ。前に見つけた川に行ってみたら、そこは無事で、数も前より多いようだった。
 小さなイトトンボの中でも、とりわけ小さく、目を離すとどこにいるかわからなくなってしまう。カメラのファインダーを覗いている時に逃げられるとお手上げだ。

関連タグ
トンボ
宮城県
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 7月29日11時から夏休み親子撮影!デジタルカメラで昆虫撮影講座 佐久パラダ昆虫体験学習館 要申し込み (無料、入館料のみ必要)
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。