サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei

ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei
ヒヌマイトトンボ Mortonagrion hirosei
2018年07月11日

2005年の今日は宮城県の太平洋岸にいた。ここは2011年の大震災で多くの被害が出た場所で、この場所も津波にのまれてしまった。このトンボは汽水域にだけ住むので、津波の被害を受けやすい。

2005年の今日の日記から
 宮城県の太平洋側にやってきた。このあたりにはヒヌマイトトンボの産地が多いようだ。このトンボはは汽水域の葦原にすむ珍しいイトトンボだ。前に見つけた川に行ってみたら、そこは無事で、数も前より多いようだった。
 小さなイトトンボの中でも、とりわけ小さく、目を離すとどこにいるかわからなくなってしまう。カメラのファインダーを覗いている時に逃げられるとお手上げだ。

関連タグ
トンボ
宮城県
絶滅危惧種
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。