サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

マレーシアから戻りました

マレーシアから戻りました
マレーシアから戻りました
2017年12月29日

 2週間のマレーシア。今回はメインはペナンで、ランカウイ島にちょっとだけ行ってきた。マレーシアは今年は1月から2月にかけてと7月にも行ったからおよそ2ヶ月過ごしたことになる。
 ぼくの初めての海外は1969年、マレーシア、フィリピン、ほんの少しバンコク、シンガポール、香港だった。その時にマレーシアが気に入り、以後毎年のように行っている。100回ははるかに超えているが、正確には何回行ったか覚えていない。
 老後はマレーシアでと思ったのはまだぼくが若かった1989年のこと。
今世紀に入り、マレーシアは日本人の老後暮らしに人気が出て、住んでいる人も多い。ぼくは結局、日本での仕事も面白く、マレーシアに住むことはなかった。もっとも、もともとマレーシアで老後何もしないで遊んで暮らそうなどとは思っていなかった。今はマレーシアのEntopiaで無給キュレーターなどやっているし、エントピアの飼育施設で写真を撮らせてもらったりもしている。歳をとったらマレーシアで撮影三昧と考えていたことの半分ぐらいは実現しているかもしれない。もしかしたら、本も作ったりしているから、それ以上かもしれない。
 何故マレーシアかというと、言葉の問題もある。英語が広く使われているし、多言語国家なので、ぼくのつたない英語でもほとんど問題なくコミュニケーションができるからだ。虫が多く、言葉も通じ、生活も楽、こんな国は、ぼくにとっては他にない。
 マレーシアがなぜ日本人の老人に人気があるかと言えば、日本と同じぐらい安全で、飯がうまく、現地の人は良い。そして物価が安いから、年金暮らしは日本でするより楽だからだ。けれど、これからはどうなるかはわからない。物価もそこそこ高くなっているし、年金ではゴージャスな生活は望めなくなるかもしれない。
写真はEntopiaのスタッフと野外研修。今回ではなく、1年前の写真。

関連タグ
Olympus TG-4
マレーシア
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 7月29日11時から夏休み親子撮影!デジタルカメラで昆虫撮影講座 佐久パラダ昆虫体験学習館 要申し込み (無料、入館料のみ必要)
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。