サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

幻のアカボシウスバシロチョウ

幻のアカボシウスバシロチョウ
2017年06月09日

 子供の時に愛用した保育社の原色日本蝶類図鑑(著者の名を取り横山図鑑と呼ばれることがある)にエゾアカボシウスバシロチョウという蝶が載っている。北海道トムラウシ山麓で採集されたアカボシウスバシロチョウという今ではいないことになっているチョウがある。大陸のアカボシウスバシロチョウの亜種として記載されたは1936年。(Parnassius bremeri aino Nakahara, 1936)。他に十勝岳でも3♂が同じ年に採集されていたという。その後採集されたことはなく、これらは朝鮮半島の個体の誤記とされている。
 ずいぶん前に韓国でアカボシウスバの写真を撮った。その時はそんなに高山ではなく、カイコを飼っている集落から峠ごえの草原だった。十勝岳という高山は多分あり得ないのだが、標高の低いトムラウシ山麓となると・・・。幼虫の食草は韓国ではベンケイソウ。ベンケイソウは日本には古く遣唐使がもたらしたと言われている。北海道に自生するのは近縁のムラサキベンケイソウだという。
 子どもの頃に横山図鑑で見て、いつかはトムラウシに行ってみたいと思っていた。今回は雨の日にトムラウシ温泉に行った。トムラウシの集落付近はなかなか良い環境がある。天気が悪くエゾスジグロすら飛ばなかった。
 行ってみて、昔にいたか、今でもどこかにいるかもしれないというロマンはずっと持っていたいと思っている。写真は韓国のアカボシウスバ。1980年年代6月の撮影だ。下は産卵。

関連タグ
チョウ
旧北区
韓国
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。