サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

オオキバドロバチの闘い Synagris cornuta

オオキバドロバチの闘い Synagris cornuta
2017年05月30日

昨夜8時のNHKBSワイルドライフは「アフリカ カメルーン 巨大なキバで戦う狩りバチに迫る!」だった。見て頂けただろうか。
 オオキバドロバチはアフリカ中央部から西部にいるドロバチで、イモムシを狩って,子育てをするハチだ。分岐した大きな大顎を持つのは♂だけで、メスは小さい.小さいと言っても分岐していないだけでかなり鋭い。ちょうどクワガタの雌の大顎みたいだ。
 雄が大きな大顎を持つのは喧嘩のためだと考えていたが,その予測は当たった。メスが羽化してくるときに雄がたくさん集まり激しい喧嘩をする。これは1回しか見られなかったから非常にラッキーであった。

関連タグ
アリ・ハチ
求愛・交尾
旧熱帯区(エチオピア区)
カメルーン
Lumix GH5
闘争
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。