サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ホウセキゾウムシの翅の表面の鱗片

ホウセキゾウムシの翅の表面の鱗片
2016年02月17日

 タイに来る前の日に撮影した写真。
ホウセキゾウムシはたいへん美しいニューギニアのゾウムシだが、翅の表面には鱗粉のような鱗片がついている。まるで職人が丹精込めた象嵌のようにも見える。けれどこの写真の横幅は1mmちょっとであるから、この作業を職人がするとなると、その職人は身長10cmぐらいの小さな人でないとできない作業だろう。
10倍以上(フルサイズ換算では20X以上)に拡大してみるとそのことが良くわかる。黒い部分は凹んでいる部分で、この写真ではその詳細は良くわからない。

関連タグ
ゾウムシ・オトシブミ
旧北区
東京都
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。