サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

リコーカメラ博物館

リコーカメラ博物館
2005年01月12日

 今日は大森にあるリコーのカメラ博物館を特別に見学した。
 リコーには昨年の朝日オーサービジットの時に、CaplioRXという大変使いやすいカメラを生徒の数だけお借りするなどと、お世話になった。
 そのお礼というわけでもないが、たまたま入手したリコー35フレックスCDSというカメラのOEM版が博物館に無いとのことで寄贈することにしたのだ。
 リコーのカメラの歴史は長い。ぼくの家で、ぼくが生まれてから購入した初めてカメラも2眼レフのリコーフレックスだった。下の写真は1942年のリコール(Ricohl)というカメラ。リコールという言葉が日本では無縁な時代の生まれである。レンズはエルマー50/3.5良く似た沈胴式のレンズだ。日本初のフォーカルプレーンシャッター搭載機かもしれない。

リコーカメラ全機種のリストと解説はこちらから見ることができます。


前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2022 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。