サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

カバキコマチグモ

カバキコマチグモ
2004年11月18日

カバキコマチグモの巣があったのであけてみた。
 夏のものと違い、ずいぶんしっかりとした作りで、糸でできた膜も厚い。卵か幼虫がいるのではと期待したが、中からはお腹の大きなメスがでてきた。
 カバキコマチグモは卵から孵った幼生のそばに母親が付き添い、最後は食べられてしまうという。もうじき産卵しそうな気配だ。

◎東京電力のHPで昆虫教室。24回のシリーズです。第8回は「飛翔の秘密」。こちらからどうぞ。
◎「昆虫の世界へようこそ」ちくま新書。岩波ジュニア新書カラー版「デジカメ自然観察のすすめ」好評発売中。自信作です。

関連タグ
小諸周辺
旧北区
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。