サイト内
ウェブ

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルが全館リニューアル!ホテルの“顔”となるオールデイダイニングが新設

  • 2023年11月29日
  • Walkerplus

「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」(東京都中央区)は、「GINZA CONTRAST」のコンセプトのもと、全館リニューアルオープンする。国内外の多様なゲストに対応した客室構成、開放的なファサードのレストランや国産洋酒にこだわったバーの新設により、にぎわいあるホテルへと生まれ変わる。

2023年12月1日(金)にリニューアルオープン予定の客室は、空調設備やユニットバスを更新し、開放的なデザインとすることで快適性と居住性を向上させたほか、キングサイズベッドやファミリー・グループ向けの客室を増やし、多様化する国内、インバウンドのゲストのニーズに応える客室構成になるという。

レストランは、一足先に2023年11月1日からリニューアルオープンしている。大幅なレイアウト変更を施した1階フロアには、開放的なファサードでホテルの顔となるオールデイダイニング「RISTASIX(リスタシックス)」がオープン。「TOKYO retreat RESTAURANT」をコンセプトに、ポストコロナ時代に旅時間をかなえる料理=“retreat cuisine”と銘打ち伝統を培った洋食にオリエンタルな食材や調理法をミックスした多国籍料理を提供する。なお、朝食営業のみ2023年12月2日(土)からの開始となる。

地下1階のコートヤード・マリオット銀座東武バーKORINは、クラシックスタイルを残しつつ、ホテルのメインバーとして装いを新たに復活。バックバーには希少銘柄のウイスキーとメイドインジャパンの銘酒が多く並ぶほか、アルコールだけでなく高品質な日本茶なども提供。さらに、上質な時間を体現するシガールームも併設されている。

そのほか、日本のクオリティを発信する飲食店などのショップエリアや、宿泊客やビジネスワーカーが利用できるサテライトオフィスを新設し、誰もが気軽に訪れたくなるホテルへと進化している。

世界的に有名な東京銀座の昭和通り沿いにある同ホテルを起点に、お買い物やエンターテインメント、観光とさまざまな銀座を楽しもう!

※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.