サイト内
ウェブ

シンクロ・フード、関西電力の低圧電気料金メニューの販売代理を開始

  • 2017年3月21日
  • エネクトニュース
2017年4月より販売代理を開始
株式会社シンクロ・フードは、関西電力株式会社と業務提携を行い、2017年4月より関東エリアの飲食店を対象に、関西電力の低圧電気料金メニューについて、販売代理を開始することを発表した。

飲食店事業者のコスト削減を図る
シンクロ・フードではこれまでにも、飲食店事業者に対するコスト削減サービス提供に向けた、サービス企画・検討を行っており、今回、関西電力の電気料金メニューを利用することで飲食店事業者がコスト削減を図れることから業務提携を行った。

販売の対象となるのは関東エリアの飲食店で、東京電力ホールディングス株式会社と契約している場合、提供を開始する関西電力の低圧電気料金メニューに切り換えることで、約10%電気料金を削減することができる場合があるとのことだ。

また、シンクロ・フードが提供する飲食店向けのサービス「飲食店.COM」の登録ユーザーについては、契約切り替え後の電気料金を個別に試算してくれるので、実際にどれくらい削減できるのかを確認して切り替えを検討することができる。

シンクロ・フードでは今後、「飲食店.COM」の登録ユーザーにメリットなどを説明する専用ページを設置したり、専用の問い合わせ・申し込みフォームを設置したりする予定としている。

(画像はシンクロ・フード ホームページより)


▼外部リンク

シンクロ・フード プレスリリース
http://www.synchro-food.co.jp/news/press/1961

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。