サイト内
ウェブ

【毎日おやつ】ほっくり甘い和栗の栗きんとんを焼き菓子に。「ぐりがれった」/山口県

  • 2021年10月30日
  • ことりっぷ


全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は山口県の「ぐりがれった」をご紹介します。
山口県と広島県の県境に位置する、標高150mの山代高原に広がる岩国市美和町は、4つの川に沿って開けた谷間と盆地状の平地からなる緑豊かな里山です。この自然が美しい地域は、和栗の元祖とも言われる、国内品種で最大級の「がんね栗」の産地としても知られています。
一般的な栗が20gほどであるのに対し、がんね栗は30g以上あるぷっくりした大粒。製菓や料理にも適した、まろやかな肉質と滋味深い甘さが特徴です。「和栗のスイーツがんね栗の里」では、少量の砂糖だけを練りこんだ、風味豊かな栗きんとん「がんね栗衛門」やがんね栗をたっぷり敷き詰めたパウンドケーキなどのお菓子を多数ラインナップしています。
今回ご紹介する「ぐりがれった」は、がんね栗と砂糖だけで作られた栗きんとん「がんね栗衛門」を小麦粉などのつなぎは使わず、ぎゅっと固めて焼き上げた栗せんべいです。つなぎなしでも割れないように、2年間もの時間をかけて試行錯誤して作られました。
パリッと軽く歯ごたえの良い食感で、食べていくうちに、栗の香りがふわり、ゆっくりとやさしい甘さが口いっぱいに広がります。
10月中旬以降に最盛期を迎える晩生種の“がんね栗”。 今が旬の栗スイーツを集めて、秋を感じるおやつタイムもすてきですね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.