サイト内
ウェブ

神楽坂の住宅街に佇むアンティークな邸宅レストラン「シャブラン神楽坂」でアフタヌーンティーを

  • 2021年10月16日
  • ことりっぷ


神楽坂の住宅街の中に、知る人ぞ知る隠れ家的な邸宅レストラン「シャブラン神楽坂」を見つけました。邸宅の中には、アンティークな家具やおしゃれな調度品がいっぱい。フォトジェニックな空間の中、アフタヌーンティーやお食事で優雅な気分を味わって。
牛込神楽坂駅から徒歩6分。住宅街の一角にある「シャブラン神楽坂」は中世ヨーロッパの雰囲気たっぷりの邸宅レストラン。道路に面した大きな黒い扉を開け、一歩足を踏みいれると、そこはもう別世界。お庭には、豊かな自然に囲まれたアプローチがあり、その先がレストランの入り口になっています。
お店のコンセプトは、「お屋敷のお嬢様や主人のように過ごせる、執事のいるレストラン」。店内には、アンティークの家具や、クラシカルな調度品がずらり。非日常空間で、特別なひとときを過ごせます。
部屋は1階から3階までそれぞれコンセプトの異なる5部屋をご用意。1階は、「ローズ」と「クラウン」の2部屋で、どちらも人気のお部屋なので、前もっての予約がおすすめです。
2階には、おしゃれな貴婦人やマダムをテーマにした「マスカレード」、ブルーのパステルカラーが美しい幸せを呼んでくれそうなお部屋「サムシングブルー」(予約制)そして、ソファ席のある「メインルーム」の3部屋があります。
ランチやディナー、スイーツのメニューも充実しています。こちらに来たらぜひ味わいたいのが、ランチタイム限定の3段のプレートからなる「主人(あるじ)のアフタヌーンティー」(3600円)。
上段には、自家製のオレンジケーキや、苺のロールケーキ、クリームとイチゴソースののったパンナコッタ、中段には野菜たっぷりのキッシュやワッフル、かぼちゃのスープ、下段にはチキンのホットサンドやクッキー、サラダなどがのった、前菜からデザートまで贅沢なセット。
「アフタヌーンティー」のほかにも、「舌平目のムニエル」や「ビーフシチュー」など魚料理や肉料理からメインが選べる「主のお食事プランA」(オードブル付き3180円~)や「主のお食事プランB」(スイーツ付き3500円~)などお料理のセットメニューもいろいろ。
フォトジェニックな空間の中、手軽にアフタヌーンやお食事が楽しめる「シャブラン神楽坂」。非日常を堪能したいときにおすすめですよ。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2021 Shobunsha Publications All Rights Reserved.