サイト内
ウェブ

「宇宙太陽光発電(SSPS)」 とは

読み:
うちゅうたいようこうはつでん
英名:
Space Solar Power System

宇宙空間に浮かべられた集光装置と太陽電池でつくった太陽光エネルギーを、マイクロ波などに変換して地球へ送り、電力に変えて利用するシステム。略称はSSPS。まだ実現していないが、天候に左右されることなくいつでも発電を続けられ、地上での太陽光発電に比べて10倍近くも効率がよいとされる。日本はこの分野で世界をリードしており、「宇宙基本計画」にはSSPSの研究推進が盛り込まれている。

Q&A

  • Q: SSPS用の太陽電池の大きさは?

    宇宙太陽光発電(SSPS)には、どれくらいの大きさの太陽電池が用いられるのだろうか。

  • Q: SSPSはどうして年中発電できるの?

    宇宙太陽光発電(SSPS)は1年中休みなく発電できるが、それはなぜか?

環境クイズ

  • 宇宙太陽光発電は電気を何に変換して地上へ送る?

関連情報を読む

関連ディレクトリ

キーワードからさがす