サイト内
ウェブ

「エネルギー基本計画」 とは

読み:
えねるぎーきほんけいかく
英名:
Basic Energy Plan

エネルギー政策基本法に基づき政府が策定する、エネルギー政策の基本的な方向性を示す計画。2003年以降4回策定されており、2014年4月に閣議決定された最新の第4次計画は、再エネの導入拡大と省エネの強化を強調するとともに、原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置付け、安全性が確認され次第、再稼働する方針を打ち出している。経済産業省は2015年1月に、原発や再エネなどの構成比率に関する議論をスタートさせた。

Q&A

  • Q: 「ベースロード電源」って何?

    エネルギー基本計画は原発を「ベースロード電源」と位置づけたが、どういう意味なのだろうか。

  • Q: エネルギー政策に関する市民の意見は?

    エネルギー政策のあり方について、市民側からの提言はないのだろうか。

環境クイズ

  • 第4次エネルギー基本計画の原発に関する方針は?

関連情報を読む

関連ディレクトリ

キーワードからさがす