「カーボン・ニュートラル」 とは

読み:
かーぼんにゅーとらる
英名:
Carbon Neutral

植物由来のバイオマス燃料などがもつ、燃やしても大気中の二酸化炭素(CO2)の増減に影響を与えない性質のこと。「カーボン」は「炭素」を、「ニュートラル」は「中立」を意味する。バイオマスは、地球温暖化防止、循環型社会の構築に役立つ資源として注目されている。バイオマスを燃焼すると化石燃料と同じようにCO2を発生するが、植物は成長過程で光合成によりCO2を吸収しており、ライフサイクル全体でみると大気中のCO2を増加させず、収支はゼロとみなされる。

一方、事業活動などで生じるCO2の排出量を、植林や自然エネルギーの導入などによって実質的に相殺して埋め合わせる取り組みもカーボン・ニュートラルと呼ばれ、世界中の企業や金融機関などが導入している。環境省は、旧「カーボン・ニュートラル認証制度」と旧「カーボン・オフセット認証制度」を統合し、新たな「カーボン・オフセット制度」を創設。2012年6月に「カーボン・オフセット第三者認証基準」を公表した。

新制度は、カーボン・ニュートラルの取り組みが同基準を満たしていることについて検証機関が審査を行い、カーボン・オフセット制度登録認証委員会が認証する仕組みだ。また、将来実施する予定であるカーボン・ニュートラルの取組計画については、同基準を満たしていることについて検証機関が審査を行い、同認証委が登録する。

キーワードからさがす