サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

庭のトラノオにウラギンスジヒョウモン

庭のトラノオにウラギンスジヒョウモン
2020年07月20日

23日11時半、小諸高原美術館で写真展「庭の自然とファーブル昆虫記の世界」のオープンニングセレモニー。ギターコンサートや屋外マルシェもたくさん、3密を避けておいで下さい
 ウラギンスジヒョウモンは絶滅危惧II類だ。庭では今年はかなりの数が発生している。花壇の花の他、トラノオにも良く来る。トラノオは庭の林に接する部分にたくさんある。今、トラノオの花が満開を過ぎたところ。今年は春の終わりに、林縁部の草刈りをしたら、たくさん咲いてくれた。この花はとてもチョウに好まれる。ヒョウモンチョウの仲間やスジグロチャバネセセリ、キバネセセリなどがいつも蜜を吸っている。園芸店にも売っているところもあるが、400円ぐらいと結構高い。イングリッシュガーデンにも、和風の庭にも似合う花だ。花期は小諸では6月下旬からで、7月末には終わってしまう。庭のヒャクニチソウに来たウラギンスジヒョウモンの飛翔動画をアップしました

関連タグ
チョウ
植物
小諸周辺
バタフライガーデン
Olympus E-M1 MK Ⅲ
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。