サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ソラマメヒゲナガアブラムシ Megoura crassicauda

ソラマメヒゲナガアブラムシ Megoura crassicauda
ソラマメヒゲナガアブラムシ Megoura crassicauda
2018年06月06日

 ナンテンハギにアブラムシがたくさんいた。多分ソラマメヒゲナガアブラムシだろう。
アブラムシは季節によって単為生殖するときと有性生殖をする季節がある。今は越冬卵からかえった幼虫が、単為生殖で増えている季節だ。秋に、昼の時間が短くなると有性生殖をするものが出現し越冬卵を産む。

関連タグ
その他のカメムシ目
小諸周辺
Olympus T-G5
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 2018年11月19日発10日間のマダガスカル自然観察ツアー 募集中
  • 8月5日(日)13時〜「生きもの写真リトルリーグ」「海野和男写真展」のオープニングセレモニー、真辺雄一郎ギターコンサート  小諸高原美術館 (入館料大人のみ500円必要)
  • 7月25日(火)〜9月2日(日)月曜休館 海野和男写真展「ファーブル昆虫記と小諸の虫」。新作も多数展示。A0,B0の大型プリントで約70点 小諸高原美術館

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。