サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

アサマシジミの幼虫 Lycaeides subsolana

アサマシジミの幼虫 Lycaeides subsolana
アサマシジミの幼虫 Lycaeides subsolana
2018年05月29日

 アサマシジミは絶滅が危惧される蝶だ。東信でも見られる場所は限定されている。
今頃の季節はナンテンハギの葉の上で幼虫が見つかる。シジミチョウの幼虫はアリを引き寄せる匂いや蜜を出して、外敵から身を守るものが多く、アサマシジミの幼虫にもアリがつきまとっている。
 ところがアサマシジミを採りたい人はこのアリを目当てに幼虫を探すから、簡単に採られてしまう。虫にとっての身を守る方法は、人は想定外なのだ。

関連タグ
チョウ
小諸周辺
Olympus T-G5
一生
絶滅危惧種
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 人間生活と世界の虫というタイトルの講演会を行います。松本会場 11月17日。10時半、午後2時の2回。世界環境写真展も開催です
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。