サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ぼくが写真を撮り続ける理由

ぼくが写真を撮り続ける理由
ぼくが写真を撮り続ける理由
2017年12月23日

写真で伝えたいこと第5回、「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されました。
その中でも述べているのだが、子供の本作りに携わる写真家として、最も嬉しいのは、ぼくの本を読んだ子どもたちが大きくなって、自然や昆虫、写真が好きになり、自然が、ぼくらにとって必須のものだと考えるようになったり、その結果、自然写真家や生物学者になる人が出てくることだ。
子供の本を初めて出したのは40年も前のことだが、2000年から2010年頃に特に出版点数が多いと思う。虫の本を読むのは小学生、特に3〜4年生で、9〜10才ぐらいが多いのだと思う。その子どもたちは今では16才から26才ぐらいになっている。
最近は「子どもの頃にぼくの本を読みました」という写真を志す若者や昆虫学者を目指す若者に出会うこともしばしばで、写真を撮って、子供の本を作っていて良かったなとつくづく思う。
写真を撮るのは楽しいが、本作りや原稿を書くのも楽しい。それは伝えたいことがあるからで、そんな思いを写真や文に託すことができるのは幸せである。
もっと若い頃は写真を撮りたい、本を作りたいという気持ちだけが先走って、自分の思いを伝える本は作れなかったような気もする。
 今日もマレーシアで写真を撮っている。写真はハナカマキリ。

関連タグ
カマキリ
書籍・出版
マレーシア
前日
翌日

お知らせ

NEW
  • 9月下旬発売の新刊アゲハチョウの世界: その進化と多様性好評発売中。読み応えのある本です

  • ストックフォト 「海野和男の昆虫の世界 | 写真の森 フォレスト」
  • 生きもの写真リトルリーグ2018の結果や講評のページです

  • 写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。 「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
    キンドル版

    連載

    WEB

    過去のWEB

    リンク

    ◎過去の小諸日記

    海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
    プロフィールページのアドレスへ。
  • 掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
    Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

    キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。