サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

リボンヤママユ Eudaemonia argiphontes

リボンヤママユ Eudaemonia argiphontes
2016年05月06日

属名のEudaemoniaは、よく生きている、よくやっているというような意味のギリシャ語であるらしい。実際こんな優美なガがこの世に存在すること事態が奇跡であると思う。
南米のCopiopteryx 属のガも最近はリボンヤママユと呼ばれることがあるが、昔からの和名はオヒキヤママユである。リボンヤママユはオヒキヤママユと比べるとずっと小型で、翅をひろげて5cmほどの可愛らしいガである。

関連タグ
カメルーン
前日
翌日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2021 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。