サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

井村淳写真展

井村淳写真展
井村淳写真展
2007年03月02日


 井村淳さんの写真展がフジフォトサロンではじまった。竹内敏信さんの弟子でもある井村さんはぼくより二まわり下の亥年。生まれ月も血液型もぼくと同じという動物写真家だ。体格はぼくとはずいぶん違う(写真は井村親子と、司会の吉住さん)
 撮る写真はとても優しい。肉食獣でさえ優しい表情をしているのだ。これは優しい井村さんだから撮れるのかなと思う。今日は写真展のオープニングと写真集「大地の鼓動」の出版記念をかねてパーティーがあった。200人近い方が集まられ盛況だった。30代の若手のプロの動物写真家が写真展というのは久しぶりだと思う。大型のパネルで迫力のある写真展だ。3月8日まで銀座フジフォトサロンで。
 下は愛用しているGRデジタルの一周年記念モデル。今日、UNというカメラ用品メーカーからトンボのストラップが送られて来たのでつけてみた。和ストラップというシリーズで4種発売されたうちの1種らしい。

◎富山県魚津市の新川文化ホールでぼくの昆虫映像・写真展「虫たちの世界へようこそ」が行われます。3月21日から26日です。写真パネル100点、高速度ビデオ、モニターによるスライドショーなどかなり大きな写真展です。詳しくは新川文化ホールの展示案内をご覧ください。講演会は3/21日14時から。入場はいずれも無料。

前日
翌日

お知らせ

NEW
写真で伝えたいこと第5回「小諸の自然の素晴らしさを子供たちに伝える」が公開されています。
NEW
「海野和男の蝶撮影テクニック」。12/8発売
キンドル版

連載

WEB

過去のWEB

リンク

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見
プロフィールページのアドレスへ。

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2018 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。