サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

庄内の稲杭

庄内の稲杭
2002年10月15日

刈り取り後の稲の干し方は地方によって様々な様式がある。山形ではだいたいこのような一本杭に稲穂を積み重ねる形が多い。これは風の吹き付けに強く、特に風の強い庄内地方ではこの形がとられる。 
 ただし今日は稲杭をあまり見なかった。何にもない、だだっ広い田んぼが広がっていた。もう稲刈りから随分経っているので脱穀が済んでしまったのか。あるいは、コンバインの普及で昔より稲干しをやる所が少なくなってしまったのかもしれない。

◎「海野和男とクラシックカメラ」新刊です。ライカ、ローライなど有名カメラから、日本製の一眼レフや、ロシア製のカメラまで多数収録。A4大型本、144機種のカメラで撮影した写真が400枚以上、全てデータ付きで印刷されています。クラカメ自体の写真に力を入れています。こちらはデジカメでの撮影です。巻末にカメラの中古相場一覧や海野が見た使いやすさ度などの表もあります。

関連タグ
山形県
旧北区
前日
翌日

お知らせ

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。