サイト内
ウェブ

【イベントレポート】南三陸町の現状を学び支援する「Smart Action for Forest2017」に参加しました

  • 2017年2月8日
  • 緑のgoo編集部
title

 NTTドコモの東北復興新生支援室主催のトークイベント、「森をツナグ。心がツナガル。~docomo Presents Smart Action for Forest 2017~」が、1月20日(金)渋谷ヒカリエで行われました。
 当日は、デザイン活動家のナガオカケンメイ さん、ゲストに株式会社佐久の佐藤太一さんをお迎えして、東日本大震災以降の南三陸と林業の現状についてお話を伺いました。

※NTTドコモ「東北復興新生支援室」は2011年に発足。東日本大震災直後から被災地の復興支援活動をしています。2013年からは「Smart Action for Forest」として、被災地への復興支援活動と森林保全活動の一環として森林保全クレジット付グッズを販売しています。木材や加工はすべて東北で行っており、グッズのご購入金額の一部は、東北の復興支援・森林保全に役立てられます。

Smart Action for Forestのしくみ
Smart Action for Forestのしくみ
出典:森林保全クレジット付グッズを買って応援|docomo東北復興・新生支援「笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト」

森林保全クレジット付きグッズ
ケヤキ製スマホスタンド
こちらが森林保全クレジット付きグッズ。現在は下のケヤキ製スマホスタンドを販売中

「森をツナグ。心がツナガル。Smart Action for Forest」スタート

 2017年は、プロジェクトディレクターとして、デザイン活動家のナガオカケンメイさんが就任し、さらにパワーアップした「Smart Action for Forest」プロジェクト。

「Smart Action for Forest」プロジェクト開幕
「Smart Action for Forest」プロジェクト開幕

ナガオカケンメイさんがプロジェクトに加わった理由

ナガオカケンメイさん
プロジェクトディレクターのナガオカケンメイさん

「NTTドコモの活動を知って心から感動した」と語るのはプロジェクトディレクターのナガオカさん。「『震災の復興はどれくらい進んでいるのだろうか、見過ごすのもいやだなあ』と思っていたところに参加を打診されました。デザイナーというよりディレクターとしてガッツリ加われるのであれば、ということ事でお話をお受けしました」とプロジェクト参加の経緯を明かされました。

次ページ:イベントの様子

あわせて読みたい

キーワードからさがす


記事の無断転用は禁止です。必ず該当記事のURLをクリックできる状態でリンク掲載ください。