サイト内
ウェブ

『コロナ禍で日本は「脱炭素化」をどう進めていくのか?~「コミュニケーション」「働き方」「SDGs」を切り口に考え、語り尽くす~』をテーマに第36回エコ×エネ・カフェを開催(2/10)

  • 2021年1月12日
  • 緑のgoo編集部

お茶を飲みながら「エコ」と「エネ」について気軽に真面目に話し合いませんか?

 各分野の第一人者をゲストに招き「エコロジー」「エネルギー」について語り合い、私たちの豊かな社会について考えていく場を年3回開催しています。
 今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンラインで開催をします。普段参加できない遠方の方もこの機会に是非ご参加ください!

お申込みはこちら


第36回 エコ×エネ・カフェ

2021年2月10日(水)19時00分~21時00分(18時40分~ZOOMオープン)

○トークテーマ
コロナ禍で日本は「脱炭素化」をどう進めていくのか?
~「コミュニケーション」「働き方」「SDGs」を切り口に考え、語り尽くす~


 2020年、世界を襲った新型コロナウイルス。
頻発する異常気象や自然災害、深刻化する地球環境問題と、我々は、日々の暮らしを維持していくため生活習慣や社会システムを見直し、変化を受け入れていくことが求められ、新型コロナウイルスの感染拡大により、その変化のスピードを更に求められるようになりました。

 では、私たちはこの急速な変化にどう立ち向かい、対応していくべきなのでしょうか?

 今回は、第1回目に登場していただいた公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長の川嶋直さんをゲストに迎え、過去35回で司会進行役を務めた Be-Nature School 森雅浩さん、エコ×エネ・カフェの主催者であり、今回で引退となるJ-POWER 藤木を交え、「コミュニケーション」、「働き方」、「SDGs」を切り口に、コロナ禍での「脱炭素化」について川嶋さんがズバッと聴き、藤木が想いを語り尽くします。

 これからの「コミュニケーション」や「働き方」だけではなく、コロナ禍での「SDGs」「脱炭素化」の取り組みについて関心のある方には必見です!是非、気楽にまじめに、世代、性別を超えて話し合ってみませんか?

○ゲスト

エコ×エネ・カフェ34
川嶋 直(かわしま ただし)
公益社団法人 日本環境教育フォーラム理事長

エコ×エネ・カフェ34
藤木 勇光(ふじき ゆうこう)
電源開発株式会社(J-POWER)
広報部 専任部長

エコ×エネ・カフェ34
森 雅浩(もり まさひろ)
有限会社ビーネイチャー 代表取締役
Be-Nature School 代表


お申込みはこちら

○大まかなタイムテーブル


○エコとエネのバランスした社会をめざして
 J-POWERは社会貢献活動の一環として、ゲストから提供される話題をきっかけに、気軽にかつ真面目に、エコロジーとエネルギーを考える「エコ×エネ・カフェ」を開催しています。「エコ=エコロジー(自然)環境」だけを語るのではなく、「エネ=エネルギー」だけを語るのでもなく、「エコとエネ=エコ×エネ」を語る場です。
 「エコ」と「エネ」は、人々の豊かな暮らしを支えていくために、どちらも必要です。「エコ×エネ」が、人々の暮らしとつながっていることを再認識し、「エコ×エネ」をテーマとした課題を知り、これから何が必要か、自分に何ができるのかを考えていきます。
 お茶を飲みながらのリラックスした雰囲気の中で、対話を通じて参加者一人ひとりが、自分事として、エコについて、エネについて話し合い、自らの気づきを深めていく、そこからまた新しいアクションが生まれる。そんなひとときを体験しませんか?

○緑のgoo掲載 エコ×エネ・カフェ 過去記事レポート
https://www.goo.ne.jp/green/column/tag/ecoenecafe

○補足
 「エコ×エネ」をテーマにした課題の答えは一つではないことを理解したうえで、識者から一方的に教わる場ではなく、カフェに参加した全ての人の意見を尊重し、気軽に真面目に話し合い、新しい気づきを促し、お互いに学びあう場を創造していきます。

※「エコ×エネ」の「×」の意は、エコとエネの立場にある人が100%以上の力を発揮することによる相乗効果で社会課題を改善していくという意志を示しています。

お申込みはこちら

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

記事の無断転用は禁止です。必ず該当記事のURLをクリックできる状態でリンク掲載ください。