サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

アサマシジミの幼虫とアリ Lycaeides subsolana

2018年05月25日

 アサマシジミの幼虫にアリがまつわりついている。アサマシジミの幼虫はお尻に近い背中から1対の突起を出す。この突起からは蜜は出していないように見えるがどうだろうか。突起を出すと、アリが興奮して動きが速くなるのが面白い。

関連タグ
小諸
共生
ハイスピード

関連動画

糠地水石「蝶の里」
糠地水石「蝶の里」
オオウラギンスジヒョウモンの飛翔
オオウラギンスジヒョウモンの飛翔
危機一髪、庭のアサギマダラ
危機一髪、庭のアサギマダラ
庭の蝶の飛翔9月8日
庭の蝶の飛翔9月8日

お知らせ

NEW

単行本

連載

WEB

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2020 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。