サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

コヒョウモンモドキの飛翔

2012年08月01日
撮影機材:高速度カメラ

コヒョウモンモドキは信州の高原を代表する蝶だ。小諸周辺では標高が1500m以上の場所にいることが多い。コヒョウモンモドキの仲間は日本ではウスイロヒョウモンモドキと,ヒョウモンモドキがいる。いずれも絶滅が心配されている蝶で、甲信越ではヒョウモンモドキはすでに絶滅してしまった。コヒョウモンモドキは標高の高い場所に住むので、環境の人為的な変化にサラされることは少なく、他のヒョウモンモドキ類よりは絶滅の心配が少ない。

関連タグ
小諸
飛翔
ハイスピード

関連動画

交尾しながら飛ぶヒメヒラタアブ
交尾しながら飛ぶヒメヒラタアブ
絶滅危惧種 アサマシジミの飛翔
絶滅危惧種 アサマシジミの飛翔
糞に集まるヤマキマダラヒカゲ
糞に集まるヤマキマダラヒカゲ
ウラギンスジヒョウモンの飛翔2024
ウラギンスジヒョウモンの飛翔2024

お知らせ

NEW

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。