サイト内
ウェブ

キャンプ場徹底解剖!「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」(岐阜県郡上市)|小さな子供連れや愛犬家も満足間違いなしのキャンプ場!

  • 2022年7月21日
  • Walkerplus

キャンプ場が多い岐阜県・中濃地域でも、最大級の敷地面積やサイト数を誇る「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」。平成初期に開業し、昨今のキャンプブームが訪れる前からこつこつとファンを獲得してきた。幅広い世代から長く親しまれているキャンプ場を現地取材し、その全貌を紹介する。

■【ロケーション】ICすぐでアクセス抜群!自然豊かな明野高原に位置する
東海北陸自動車道・高鷲ICから車で約5分、「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」は、自然豊かな標高約800メートルの明野高原にある。高鷲ICの料金所を出て、最初のT字路で左折し、「やまびこロード」と書かれた道へ入って、あとは道なりに走れば着く。最初のT字路には大きな看板にキャンプ場の方向が示されているので、迷うことはないはずだ。

■【キャンプサイト】広大な敷地に100サイト以上!ドッグランサイトも充実
「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」は、オートキャンプサイト、ペットと宿泊が可能な「わんこパラダイスオートキャンプ」、バンガロー、コテージ(貸別荘)、トレーラーハウスと、さまざまなスタイルで宿泊ができる。

天然林の地形を生かしたオートキャンプサイトはおよそ100サイトある。正確には100区画あるわけではないが、広いサイトはグループで利用でき、100組が宿泊しても全く問題ないほど広大だと思ってもらえればいい。

ソロやデュオにおすすめのサイトから、車が3台停められるような広いサイトまで、サイズは多種多様。水場は共同での利用で、サイトによってはAC電源が付いている(サイト料金+別途1000円必要)。注意点を挙げるなら、ハイシーズンはサイトの指定が不可となる。テントの大きさや人数を考慮して自動的に決定されるが、子供連れならセンターハウスや遊具の近く、グループでの利用なら隣同士など、ちゃんとユーザーのことを考えて選んでくれるので、安心して予約しよう。

■【ペット用サイト】200平方メートルを超えるVIPサイトも!「わんこパラダイスオートキャンプ」
また、ここは犬とキャンプがしたい人にはうってつけのキャンプ場で、ペットと宿泊が可能な「わんこパラダイスオートキャンプ」は約40サイトもある。通常サイトとVIPサイトの2種類があり、どちらも高さ90センチか120センチの柵付きで、車の乗り入れも可能。ハイシーズンは犬を連れたキャンパーで予約が埋まるほど大人気だ。

ハイグレードなVIPサイトは、占有面積が200平方メートルを超えるほど広い。これなら犬も思い切り走り回ることができそうだ。VIPサイトのみハイシーズンでもサイトの指定が可能なので、愛犬と優雅な時間を過ごしたい人はこちらを選択しよう。

■【バンガロー】3人タイプや5人タイプなど、人数に合わせて選べるバンガロー
由緒正しきフィンランドウッドを使って造られたバンガローは全23棟ある。グリーンデイズ(4月1日から11月30日まで)は3人タイプ、5人タイプ、8人タイプ、15人タイプの4種類で、ウィンターデイズ(12月1日から3月31日まで)は4人タイプのみ利用可能となる。

■【コテージ】多彩なコテージは家族やグループでの利用にうってつけ!
プライベート感のある特別な休日を過ごしたい人は、個性豊かなコテージを選ぶのもおすすめだ。全25棟あり、6人タイプから30人タイプまで大きさはさまざま。トイレ、風呂、家具、寝具など必要なものが一式備え付けられていて、バーベキュースペースも完備。季節を問わず年中利用でき、家族やグループで最高の時間を過ごせる。料金は1棟1泊3万5000円〜9万3000円(上限額は時季により異なる)とかなり幅があるので、人数や予算と相談して決めよう。

ちなみにトレーラーハウスは、センターハウスより約1.5キロ離れた「N.A.O.アミーゴバンガロー村」に2棟ある。ここにはバンガローもあり、冬はウィンタースポーツの利用者でにぎわう。センターハウスで受付をしてから移動しよう。

■【各種設備】多彩なアクティビティがあり、小さな子供たちも大満足!
「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」はアクティビティも充実。ジャングルジムやターザンロープなど子供用の遊具、水深40〜50センチのじゃぶんこ池は無料で利用できる。子供たちが1日中楽しめるとファミリーに大好評だ。

広さ約30メートル×30メートルのドッグランも、キャンプ場利用者は無料で利用可能。ハードルや平均台なども設置されていて、愛犬も大満足!釣り堀(釣り竿レンタル400円、魚1匹300円、調理代100円)や乗馬体験(引き馬1周1000円、要予約)も楽しめる。乗馬体験は開催時間や日にちが変則的なので、あらかじめ電話で確認しよう。

センターハウスには、軽食やドリンクが揃う売店、VISIONPEAKSを中心としたキャンプギアの販売コーナー、コインランドリー、男女各4室あるコインシャワー(3分100円)、ソフトドリンクの自動販売機などがある。アルコール類は売店で購入可能。キャンプギアのレンタルも充実していて、手ぶらキャンプもできそうだ。トイレは屋外のオートキャンプ場に2カ所、「わんこパラダイスオートキャンプ」に2カ所、センターハウスに1カ所ある。洋式と和式があり、洋式は温水洗浄便座式トイレになっている。

キャンプ場とは別施設になるが、センターハウスの隣にある「ライダーズハウス ヤス」でランチやモーニングも食べてくつろぐのもいい。可燃ゴミや不燃ゴミは、処分料込みのゴミ袋(100円)を購入すればキャンプ場で処分してくれる。分別して決められた場所に捨てよう。

■【おすすめポイント】デビューにも最適!高規格でビギナーに優しいキャンプ場
さまざまな宿泊スタイルが選べること、子供用の遊具などが充実していること、ドッグランサイトが多いこと、これらが「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」の魅力だ。「家族でキャンプをしてみたい」「キャンプデビューを考えている」など、これからアウトドアを楽しもうとしている人たちにも最適なキャンプ場の1つ。恵まれたロケーションや充実したアクティビティを体験すれば、幅広い世代に愛され続けている理由がわかるはずだ。ちなみに、冬は雪中キャンプを開催していて、除雪を行ったうえで約30サイトを開放。近年は徐々に認知され、冬の利用者も増えているそう。かまくらを作って遊ぶなど、夏とは違った楽しみ方ができそうだ。


取材・文=初野正和/写真=古川寛二

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2023 KADOKAWA. All Rights Reserved.