サイト内
ウェブ

お腹周りが引き締まる!痩せるスクワットのやり方

  • 2021年10月29日
  • つやプラ

秋太り解消のため、スクワットを実践している人は多いかもしれません。YOGAエクササイズディレクターの筆者が、普段のスクワット効果を倍増させる斬新なスクワットをご紹介します。

フィットネスの効果に喜ぶ女性

ご紹介するスクワットは、冷えを感じやすい日や気分がすぐれない時に実践することがおすすめです。ぜひ、気軽に実践して効果を実感してみてくださいね。

■痩せる!気分爽快!グルグルスクワット

今回ご紹介するエクササイズは、腕を大きく回しながらスクワットをするという少々斬新な動作です。とはいえ、効果は抜群!

肩こりが解消されて、全身の血液循環が促されている感覚を味わえると思います。この感覚が実はとても大切で、寒い季節に身体が冷えて血流が悪くなると末端が冷え、不調を感じやすくなります。

また、腕の負荷によって身体が揺れやすくなるので、その分体幹を安定させないとよろけてしまいます。つまり、普段のスクワット以上に体幹を使う→熱量がアップする→巡りが良くなる→老廃物が流れやすくなる→心身ともにスッキリというポジティブなスパイラルが生まれます

腕を回すスペースをしっかり確保してから、気持ちよくグルグルスクワットにチャレンジしてみてください。

期待できる効果

・ヒップアップ

・お腹周りの引締め

・下半身の筋力アップによる冷え、むくみ改善

・体幹強化による猫背姿勢の改善

・基礎代謝アップにより、太りにくい身体作りに役立つ

・肩こり、目の疲れ、だるさの解消

実践回数&期間

週3〜4回実践すれば、ボディラインに変化が感じられるはずです。

「グルグルスクワット」のやり方

姿勢を整えます。脚を肩幅よりも大きめに開き、右手を上げ、左手は耳にそえます

(1)姿勢を整えます。脚を肩幅よりも大きめに開き、右手を上げ、左手は耳にそえます。

吐く息と共にお腹を腰に引寄せ、腰はお腹を押し返すようにドローイング状態をキープし、体幹を安定させます。

吐く息と共に脚の付け根を曲げて腰を下げ、右手も下げます

(2)吐く息と共に脚の付け根を曲げて腰を下げ、右手も下げます。

そのまま(1)の位置まで戻ります。これを10回繰り返します

(3)そのまま(1)の位置まで戻ります。これを10回繰り返します。

動作中は膝がつま先よりも前に出過ぎないようにお尻を後ろに突き出し、腰を深く下げてください。

反対側も同様に10回動作を繰り返します。脚の付け根を深く曲げて、太もも裏が床と平行になるくらい腰を下ろすよう心がけてください

(4)反対側も同様に10回動作を繰り返します。脚の付け根を深く曲げて、太もも裏が床と平行になるくらい腰を下ろすよう心がけてください。

腕を大きく回すことで肩回りがラクになったと感じると思います。「身体のつまりを感じる」「疲れが溜まった」と感じた時に、ぜひ実践してみてください。心身ともにスッキリするはずです!

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森 和世)

 

【関連記事】
巻き肩でタレ尻に!?寝たまま「巻き肩解消ストレッチ」
40•50代から始めるべき「太らない方法」4つ&お腹周り引き締めエクサ
40•50代の下っ腹が出る理由と簡単に凹む「下腹エクサ」
太りやすい40•50代の体に!下半身引締め1分エクサ

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。