サイト内
ウェブ

かわいいお菓子の袋でちょいリメイク!100均材料&すき間時間でできるお手軽ポーチ♪

  • 2023年5月3日
  • 暮らしニスタ

こんにちは。「家事コツ研究員」のTです。海外のお菓子のパッケージがかわいくて、なにかに使えないかな?と思っていたところ、素敵なリメイク法を見つけました! 

ちょっと驚きの方法で、強度もばっちり、まったく縫わずにかわいいポーチに変身しますよ!

必要なものは全部100均で!簡単リメイクスタート

材料は全て100均でそろうものばかり。もちろん糸も針も使いません!

【材料】

・使いたいお菓子の袋(写真の場合は横13㎝程度の大きさ)
・軟質クリアケース(袋に合った大きさ。写真のグミ袋だとB7でした)
・ファスナー(12㎝、クリアケースの幅に合わせて。サイズがなければ近い長さのものでOK)
・カット台
・カッター
・強力両面テープ(なるべく透明なものがおすすめ)
・はさみ
・ドライヤー(のちほど使います)

【作り方】

1)クリアケースの入り口部分をまっすぐになるようカット(まっすぐなものならばそのままでOK)

2)お菓子の袋を開いて、使いたい柄を中心にクリアケースよりもひとまわりぐらい小さくカットします。

クリアケースの中におおまかにカットした袋を入れてみると、柄の見え方のイメージが沸きますよ(写真右)。

ワンポイントとして、後の作業のときにやりやすくするため、底の角を丸くしておくといいです。

3)両面テープをお菓子の袋に貼る

お菓子の袋の表面側に、直接両面テープを上下、左右に貼っていきます。

4)袋をケースに貼る

はくり紙をはがして、お菓子の袋の上側とクリアケースの上部分を貼り合わせます。その後、全部のはくり紙をはがして、クリアケースに貼り付けます。

上のラインがきれいに貼れていれば、あとは適当でもちゃんと貼れます。表に両面テープを貼っているので、写真のように、裏面が出ているのが正解です。

5)ファスナーを外側に貼りつける

さらに、お菓子の袋の上部、裏のクリアケースの上部に両面テープを貼ります。

はくり紙をはがし、ファスナーを内側にして(表裏に注意!中表になります)開いた状態でしっかり貼り付けます。

反対側も同じように貼りますが、貼りにくいので、クリアケースを開いて手を入れると、しっかり貼れます。

もし合うサイズのファスナーがなかった場合は、開くほうの長さをカットし、ほつれないように、マニキュアのトップコートか瞬間接着材でほつれ止めしておけばOKです!

裏表逆なのに完成!?ここでびっくり裏ワザ発動!

この状態では柄が裏のままなので、裏返す必要があるのですが、いくらソフトなケースでも難しい…しかし、大丈夫!ドライヤーの登場です。

7)ドライヤーで、ケースを30秒温める

※熱くなるのでやけどに注意!

8)ケースが柔らかくなったら、一気に裏返す!

硬くならないうちに一気に返すのコツ。硬くなってしまったら、再度温めなおせばOK。角は指を入れて、形を整えて。

完成!さまざまな大きさで作るとかわいい♡お菓子を入れて、プレゼントにも!

完成しました!かわいいです!とても簡単なので、別の大きさのものも作ってみましたよ。

裏は、透明なケースのままなので、お菓子を入れても映えますね♪

かわいいお菓子の袋、かんたんにリメイクできるので、作ったポーチにいろいろなお菓子を入れてプレゼントしたら喜ばれそうですよね♪

ちょっとした水濡れでも、ケースが守ってくれるので安心。小物入れやサプリ入れにもいいかも。みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

写真・文/龍タラ

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2015 KURASHINISTA All Rights Reserved.