サイト内
ウェブ

太陽光発電と蓄電池の定額利用サービス「ZEROレジ」、1月20日に提供開始

  • 2020年1月16日
  • エネクトニュース
『エネカリ』スキームを利用して提供
TEPCOホームテック株式会社と株式会社ヤマダホームズは、2020年1月20日、太陽光発電と蓄電池の定額利用サービス『ZEROレジ』の提供を開始する。

『ZEROレジ』は、太陽光発電システムおよびAIオフグリッドシステム蓄電池を月々定額で利用可能なサービス。提供に際しては、TEPCOホームテックの『エネカリ』スキームが利用される。

初期費用0円で導入可能
従来、エネルギー機器や省エネ機器はこれまで、導入に際して高額な機器の購入が必要となっていた。この初期費用の高さが、太陽光発電と蓄電池の普及が進まない要因にもなっていると、TEPCOホームテックとヤマダホームズは憂慮。この課題を解決すべく、定額利用サービス『ZEROレジ』を開発するに至った。

『ZEROレジ』では、初期費用0円で太陽光発電システムとAIオフグリッド蓄電池が導入できる。また、家庭のエネルギーを「創る」「蓄える」「省エネする」ことで、エネルギー消費量も抑制。故障時の保証も付帯しており、コールセンターが24時間365日サポートも行う。また、利用期間満了後は機器が無償譲渡される。

「光熱費0円住宅」の実現を目指す
『ZEROレジ』において提供されるオフグリット蓄電池は、余った電力を売ることなく蓄電池に充電することができる。そのため、発電が行われない夜間や、災害による停電時にも、太陽光で生産した電力を使用することが可能。同サービスにより両社は、「光熱費0円住宅」の実現を目指すとしている。

両社は今後も、再生可能エネルギーの普及とエネルギー消費量の抑制、また安心安全な住環境向上に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「ZERO レジ」スタート 太陽光と蓄電池の定額利用サービス開始 - TEPCOホームテック株式会社
https://www.tepco-ht.co.jp/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。