サイト内
ウェブ

エコスタイル、低圧太陽光発電所向けO&Mサービス開始

  • 2016年9月8日
  • エネクトニュース
「エコの輪ソーラーサポート」
株式会社エコスタイルは、10kW以上50kW未満の低圧太陽光発電所向けに、保守メンテナンスサービス「エコの輪ソーラーサポート」を開始することを発表した。

3つのプランを用意
今回エコスタイルは、長期間安定して太陽光発電事業を運営できるように、発電所の様子をなかなか見に行けない人や、専門の技術者に点検をお願いしたい人などに向けた、3つのO&Mサービスプランを用意した。

用意されているプランは、年2回の発電所定期点検を行う「PV基本点検プラン」、発電所定期点検に加えて、夏期に2回草刈りを行う「草刈り代行プラン」、遠隔監視装置による発電量監視と設備異常時の駆けつけ一次復旧対応と、年4回の定期点検・草刈りがセットになった「おまかせパックプラン」の3つだ。

点検では、太陽電池モジュールの破損、変形、汚れや架台の錆び、変形、パワーコンディショナの状態、直流ケーブルの断線、集電箱、接続箱などの破損、雑草の繁茂などをチェックする。

料金は30kW以上50kW未満の場合で「PV基本点検プラン」は87,000円、「草刈り代行プラン」は150,000円、「おまかせパックプラン」は遠隔監視装置を自分で用意する場合175,000円、遠隔監視装置をレンタルする場合200,000円で、エコスタイル以外で施工した発電所については初期登録料が必要とのことだ。


▼外部リンク

エコスタイル プレスリリース
http://www.eco-sty.jp/archives/2464

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。