サイト内
ウェブ

全国初!京都市においてFCVを活用した有料カーシェアリング事業開始

  • 2016年8月21日
  • エネクトニュース
燃料電池自動車「ミライ」を活用した有料カーシェアリング事業開始
FCVを活用した有料カーシェアリング事業(レンタカー事業)である「京都市FCVカーシェアリング事業」が全国に先駆けて本格的に8月10日から開始された。

「京都市FCVカーシェアリング事業」は、京都市がタイムズモビリティネットワークス株式会社関西支店に委託し、将来のエネルギーの中心として注目されている水素エネルギーの普及拡大を図る目的で実施されている。
「京都市FCVカーシェアリング事業」の詳細
実施期間は、平成28年8月10日(水)~平成29年3月24日(金)(ただし日曜・祝日・振替休日や市内水素ステーション休業日は実施しない。)で、トヨタの4人乗り「ミライ」3台をタイムズカーレンタル京都新幹線口店において貸し出す。

貸し出しは、午前9時30分~午後10時、返却は午前8時~午後10時となっている。返却は日曜祝日でも可能だ。

利用料金は、最初の6時間までが9,000円、12時間までが11,000円、24時間までが13,000円、1日追加するごとに11,000円、1時間追加するごとに1,500円かかり、最長利用期間は7日間である。

水素燃料代及びオプション料金はクレジットカードでの支払いが可能だが、基本的には現金のみの支払いとなる。返却前の水素補給は不要だが、水素燃料代は、返却時に店舗にて定めている「15円/km」走行キロ換算料金によって請求される。

申し込みはタイムズカーレンタル京都新幹線口店で行っており、電話あるいはWEBサイトで予約を受け付けている。予約は利用希望日の3ヶ月前から可能だ。

京都市における政策
京都市は、「水素エネルギー」の普及拡大を推進している。「水素エネルギー」は、利用段階で温室効果ガスの排出がなく、将来的にエネルギーの中心として期待されているからである。

平成27年度には、燃料電池自動車(FCV)3台の導入に加えて、市民対象のモニター制度によるFCVカーシェアリング1ヶ月間の実施も行った。


▼外部リンク

京都市
http://www.city.kyoto.lg.jp/

タイムズカーレンタル
http://rental.timescar.jp/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。