サイト内
ウェブ

東急グループ内で次々と販売業務提携!

  • 2016年6月30日
  • エネクトニュース
「東急でんき」の受付店が7月から増加
電力自由化とともに電力小売り事業に参入した東急グループの東急パワーサプライが、同グループの「東急ライフィア」と「東急リゾート」の2社と販売に関する業務提携に合意したと6月24日付で発表した。

東急パワーサプライは電力サービス商品「東急でんき」で東急線沿線の一般家庭へ リーズナブルな料金提供と地球にやさしい生活体験の提案に取り組んでいる。

東急ライフィアは東急線沿線において不動産販売業、駐車場事業、レンタル収納事業などを展開する、東急電鉄の子会社。7月から同社営業所などで「東急でんき」の紹介、販売を始める。

「東急でんき」のサービスを自宅と別荘で
東急リゾートは、東京本社を中心に、全国主要リゾート地などに13カ所の営業所を展開し、別荘の売買仲介、会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ」の会員権販売などを行っている。

今回の提携で、東日本地域の本社・営業所を中心にリゾート物件を購入した顧客に対して、東急パワーサプライの電気サービス「東急でんき」を別荘用または自宅用として7月から提供していくという。


▼外部リンク

東急パワーサプライ リリース
https://www.tokyu-ps.jp/news/view/11179

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。