サイト内
ウェブ

利回り10%以上の風力発電 物件の事前予約を開始

  • 2016年6月27日
  • エネクトニュース
小型風力発電ができる土地付き投資物件
「タイナビ発電所」で、20kW未満の小型風力発電用のプレミアム物件を事前予約できるサービスが始まった。

「タイナビ発電所」は、太陽光発電ができる土地付きの投資物件を検索できる日本初のサイト。株式会社グッドフェローズが運営している。

今回、事前予約した小型風力発電に投資をしたい個人・法人を対象に、日本最大規模の風況エリアである青森・秋田・鹿児島を中心とした物件を非公開で案内する。

小型風力発電のFIT価格は未だ高水準
2012年に始まった「固定価格買取制度(FIT制度)」は、利回りが高い投資として、産業用太陽光発電が人気を集めていた。しかし当初40円/kWhであった10kW以上の太陽光発電の買取価格は、今年度24円/kWhまで落ちこみ、当初の利回りは期待できなくなっている。

一方、20kWh未満の小型風力発電については、未だに55円/kWhと高い水準にあり、10%から15%の高い利回りが依然として期待できる状況にある。

風力発電で利回りを10%以上実現しようとすると、風況5m以上の土地が必要となり、近隣への騒音や環境アセスメントの問題などを考慮すると、設置場所の選定が投資の成否を握る。

「タイナビ発電所」では、そうした風力発電に適した風況の良い地域を選定し、土地付き風力投資物件を紹介するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

タイナビ発電所
https://www.tainavi-pp.com/

株式株式会社グッドフェローズのプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/106014

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。