サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

MHPSら、世界最大級の排煙脱硫装置を2基受注

  • 2017年9月14日
  • エネクトニュース
セルビアのEU加盟に向けて環境基準適合に寄与
三菱日立パワーシステムズ(以下「MHPS」)は9月11日、セルビア共和国で世界最大級の排煙脱硫装置を2基受注したと発表した。プロジェクトはMHPSを中心に、伊藤忠商事や現地の工事会社と共同で構成するコンソーシアムによって進められる。

装置はセルビア共和国の首都ベオグラードに近い発電所で、石炭を燃料とした発電機に設置され、同発電所から発生する大半の煤煙から、二酸化硫黄(SO2)と煤塵の排出を削減する。特にSO2は排出量の約97%を抑制し、EUが産業排出物に関して定める環境基準値に適合させ、同国のEU加盟への一助となる。

装置の運転開始は2021年前半になる見込みだ。

全世界で排煙脱硫装置を300基以上も納入
MHPSは褐炭焚きボイラー向けの排煙脱硫において高い技術力を有し、全世界でこれまで300基以上の排煙脱硫装置を納入してきた。今回受注した装置は1基当たり65万kW規模の排煙処理が可能で、同社の広島県呉市にある工場で設計が取りまとめられる。

欧州では排出規制強化の流れがあり、同社は排煙の脱硫・脱硝システムや集塵機に対する需要拡大を見込み、積極的な提案で環境負荷の低減に貢献していく方針だ。

(画像はMHPS公式ホームページより)


▼外部リンク

MHPS リリース
https://www.mhps.com/news/20170911.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。