サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

北九州市、「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」が竣工・運転開始

  • 2018年1月12日
  • エネクトニュース
北九州市の響灘ウインドエナジーリサーチパークが竣工
北九州市は1月10日、「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」が竣工し、平成30年1月1日に大型風車2基が運転を開始したと発表した。

港湾空港局エネルギー産業拠点化推進課では、若松区響灘にて、平成22年度より風力発電関連産業をはじめとする再生可能エネルギー関連産業の集積を目的に「グリーンエネルギーポートひびき」事業を段階的に進めている。

この事業の一環として、同市が平成25年度に行った公募事業「風力発電関連産業の集積促進事業」のうち、株式会社北拓とジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社が、風力発電と太陽光発電のハイブリッド発電施設「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」を設置し、実証事業のための準備を行っていたという。

商業運転を開始している風車では最大規模
両社による合弁事業体が、事業会社「響灘ウインドエナジーリサーチパーク合同会社」となり、北九州市若松区響町二丁目8番3号他にて既に、太陽光発電所(発電容量:3,046kW、使用パネル枚数:10,504枚)を昨年9月1日から運転を開始していた。

このほど風力発電所が完成し、この1月1日から運転を開始したもので、発電容量は6,600kWとなり、Vestas社製の大型風車2基(洋上設置タイプ)を採用している。この地上高(最大到達点)は140m(ハブ高)84mで、ブレード長さは54.65m、ブレード直径は112mの規模となる。

なお同風車は、平成30年1月1日現在で商業運転を開始している風車では最大規模となり、国内初の設置になるとしている。

(画像は北九州市のHPより)


▼外部リンク

北九州市 プレスリリース
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kou-ku/30300017.html

 

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。