サイト内
ウェブ

海野和男のデジタル昆虫記

ハッチョウトンボの飛翔をED 50-200mm F2.8-3.5で

2012年11月28日
撮影機材:OM-D & High speed camera

 前半がOM-Dにフォーサーズ用の50-200mmでの撮影。後半は秒700コマのハイスピードカメラを使用。マイクロフォーサーズには明るい超望遠ズームレンズがないが、三脚を使ったビデオ撮影ならZUIKO DIGITALED 50-200mm F2.8-3.5 SWDが最適だろう。400mm相当まで撮れるし,撮影倍率も1.2mで0.42倍相当までいく。このくらいのスペックのレンズが,マイクロフォーサーズ用としてオリンパスにもパナソニックにも無いのはどうしてだろうか。 フォーサーズ用のオリンパスのレンズの中で12-60mmと50-200mmは性能とコストパフォーマンスが両立したレンズだ。E-5など高級機のフォーサーズユーザーの多くの方がこの2本のレンズはもたれていると思う。マイクロフォーサーズでも,明るい単焦点も良いが明るい寄れるズームが欲しいと思う人はかなりいるのではないだろうか。

関連タグ
山形県
トンボ
飛翔
機材

関連動画

庭のダイミョウセセリ
庭のダイミョウセセリ
庭のミスジチョウの飛翔
庭のミスジチョウの飛翔
キンイロウラフチベニシジミの飛翔  Heliophorus brahma
キンイロウラフチベニシジミの飛翔  Heliophorus brahma
ヒメウラナミジャノメ202406
ヒメウラナミジャノメ202406

お知らせ

NEW

単行本

連載

◎過去の小諸日記

海野和男写真事務所へのご連絡、小諸日記へのご意見

プロフィールページのアドレスへ

掲載情報の著作権は海野和男写真事務所に帰属します。
Copyright(C) 2024 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。